無邪気に泥棒するローマの子ども達

ローマに旅行中の出来事です。2月だったためとても寒く、厚めのコートを着ていました。バックパックでの旅行だったためハンドバッグは持たず、主な荷物はリュックに、財布と携帯は上着のポケットに入れていました。観光地近くを友人と歩いている時、5~6人の子どもがわーっと寄ってきました。上は10歳ぐらい、下は3歳ぐらいの子までいました。イタリア語は話せませんが、どうやら、おねえちゃん遊ぼう遊ぼうと言いながら一斉に私を囲み、両足にからみつき両手を握られました。何?何?と思いながら、遊ばない旨を英語で伝えその場を去り、またポケットに手を入れて歩こうと思ったら、ポケットにあったはずの財布がありません。振り向くと子ども達がこちらの様子を伺っており、その瞬間盗まれた!と気付きました。子ども達は常套手段のように一斉に別方向に逃げ、とりあえず追いかけた一人の女の子が偶然財布を持っていました。持っている財布を返せと英語で言うと、サッと財布を足下に落とし、あ、財布落ちてたよ、見つけてあげたからお礼ちょうだい。とせがまれました。